筑前黒田藩御用窯
高取焼 味楽窯






















高取焼の大きな特徴は、七色の釉薬を特色とする「高取焼釉薬」です。
その色が茶人の「心」をとらえます。
また他の特徴としては、形や装飾の簡素さがあります。

高取焼は、胎土となる土の配合や釉薬のかけ具合、登窯の作用によって様々な表情を生みだすことを想定した上で、 その魅力を活かすように作られています。
また鑑賞陶器としての魅力もさることながら、高取焼独自の実用陶器としての魅了も見て頂きたいと思い、 陶器を使ってゆくうちに時間とともに育ってゆくさまを楽しんで頂きたいと思います。

第70回NPO法人日本口腔科学会学術集会

特別講演「日本の伝統と革新の心;匠の葛藤」

フリーア美術館(ワシントンDC)

この度、米ワシントンDCの『フリーア美術館』が写真の作品を買取り
収蔵品として展示される運びとなりました。是非ご覧下さいませ。

福岡県優秀技能者表彰 受彰

福岡県版『現代の名工』と呼ばれる『福岡県優秀技能者表彰』を受けました。
この表彰を機に更なる精進をして参る所存です。皆様ご指導宜しくお願い致します。





官兵衛・長政が愛した器~知られざる名陶「高取焼」の謎に迫る~
YouTubeにて公開中!
ブログ
観光案内
地図


お問合せ


お 名 前



メールアドレス




電話番号




お問合せ内容













Copyright © 高取焼 味楽窯 All rights reserved.